キャッシング 初心者

初心者が安心してキャッシングする方法

MENU
RSS

初心者が安心してキャッシングする方法

キャッシングはキャッシング会社と契約をしていれば、急にお金が必要になったときや給料日前に手持ちのお金が少なくなったきなどは、いつでもお金を借りることができるので安心ですが、これからキャッシングを始めたいと考えている初心者は、キャッシングをするうえで気を付けなければならないことがあります。

 

消費者金融や銀行カードローンは一般ローンと比べて比較的簡単な審査でお金が借りられますが、金利が高く設定されているので、返済が長期になれば金利を含めて多くのお金を返済することになるので「借りたらすぐ返す」といった短期で利用をすることをが重要で、「なんとかなるだろう」といった無計画な借り方や自分の返済能力をこえるような借入は絶対に禁物です。安易な考えで借りてしまうと返済に行き詰まり、他社から返済のために借入をするといった多重債務者になってしまうと利息が利息を生むことで一気に借金が膨らんでしまいます。

 

どうしても50万円借りることになったときは、時間をかけてキャッシング会社を比較しながら業者を選ぶことが重要になります。
キャッシング会社を決めるときは、消費者金融や銀行カードローンをくらべて有利な条件で貸してくれる金融会社を選ぶことが大切で、30日間無利息期間を設けているところもあり、短期で借りるのならそういったサービスを利用することも有効です。

 

キャッシングをするときにもっとも重要なことはキャッシングは自分のお金ではなく、借りているお金であることを忘れないようにしなければなりません。

キャッシングで他社借入があるとき

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの審査は、申込者が既に何社の金融業者から借入をしているかを重視しています。
申込者の収入状況から他社も含めた借入総額に対して毎月の返済を続けていけるだけの能力があるのかどうかを判断し、融資をするかどうかを決定します。

 

消費者金融のキャッシングをもうしこむとき、借入希望額が50万円をこえるときや、他社借入があるときは借入残高と借入希望額が100万円をこえるときは収入証明書類の提出を求めて、融資限度額が年収の3分の1をこえていないかを確認することになっています。

 

一般的に3社以上で借入れをしているときは、審査に通るのがきびしいと言われていますが、借入件数より借入残高と借入希望額を合わせた金額の方が重要で、他社借入が2件以下でないと融資が受けられないところや4社でも可能というところもあるので、一概に件数で判断されることはないと思いますが、当然借入件数が多いより少ない方が有利になります。

 

仮に現在の融資限度額では足らないときは、新しく他社に申込をするより今利用しているキャッシング会社で増額申請をすることをおすすめします。
増額申請は、遅延などを起こさず返済を続けていることや、完済をしてすぐにまた借入をするということを少なくとも6カ月以上続けていれば増額申請ができるようになり、同じお金を借りるとしても新たに他社で申込むと信用度も落ちるので、できれば増額申請をしてお金を借りることをおすすめします。